に投稿

乾燥対策の美容液はをオールシーズン使うことで肌トラブルと無縁に

メイクの上からも使えるミスト化粧水を使い、なんとなく乗り切ってきた冬場の肌の乾燥。
30代を過ぎ、これだけでは乾燥が収まらないと感じるようになり、対策として美容液を取り入れました。
気になる口元や目元は重ね付けをすることでさらに効果を高め、外気やエアコンで乾燥しがちな季節もトラブルなく乗り越えることができました。
ポイント使いをしていたため、春になってもまだ残っている・・・次の冬まで保管しておくのもあまりよくないかも、と、そのまま使い続けたところ、肌の調子が段々と良くなってきました。
汗ばむ季節に保湿は不要と思っていましたが、美容液は保湿だけでなく肌の美容成分補給もしてくれます。
肌のキメが整い、化粧よれが少なくなり、夏でも良い状態でメイクを保つことができました。
夏前に同じ美容液を買い直して使用を続けたところ、次の年は、毎年冬の初めに感じる目元や口元の乾燥を感じません。
そのまま冬も使い続け、乾燥知らずの肌でいることができました。
「乾燥してきたからケアしよう」ではなく、そもそも「乾燥しない肌」を作ることが大切だと気付かされました。
肌の調子に波を作らないことが、肌にとっても負担が少なく美肌を維持することに繋がります。
美容液を使い続けるか、保湿力の高いエイジングスキンケアに切り替えるか、今のスキンケアアイテムが無くなる頃改めて考えますが、肌トラブルを起こさないための十分な保湿、美容成分の補給ができるものを選んで、環境や年齢に左右されない美肌を維持を目指しています。

ナチュラルメイクが人気な理由につきまして

私が考えますナチュラルメイクが人気である理由の一つとしましては、いつもバリバリのお化粧をしていましては、肌負担が相当なものとなります。理想的な肌負担を考えますと、少しの化粧で立体感のあるお化粧と言う形で、薄化粧で映えるナチュラルメイクこそが美肌力であると実感しております。実際に私が、ナチュラルメイクを普段実施するにあたりまして、どのような配慮と考えをしながら、ナチュラルメイクをしているのか、ご紹介させて頂きたいと思います。それこそが美肌につながっていると思います。まずは紫外線予防を徹底することです。いつも普段外出する際には、すっぴんで出掛けられている方々につきましては、特に気を付けて頂きたいポイントであるのですが、すっぴんでの外出におきましては、帰って紫外線による肌負担を増幅させてしまう形になりますので、紫外線予防としまして、肌負担を減少させることが美肌効果に繋がります。また、ナチュラルメイクとなります、ベースメイクの構成でありますが、それぞれ、化粧下地、ファンデーション、フェイスパウダーの三種類に分かれております。私は極力化粧下地としましては、ファンデーションでの、パウダータイプにするように心掛けております。リキッドタイプとしましては、肌に浸透している時は良いのですが、時間が経過すると肌負担がパウダーと比較して大きく、時間が経過していくことで、浮きだつ形にもなりますので、浅く広くパウダーでの下地作りに徹しております。これだけで十分にナチュラルメイクとしては成り立つことがありますので、私は美肌作りとしまして、普段から、ナチュラルメイクでの下地のみとしまして、パウダーだけの習慣にしております。

ブラビオン