家づくり 基礎

基礎工事は、家づくりの重要なポイントだという事は言うまでもありません。
基礎工事は地盤と建物を結ぶ大切な部分で、建物の重さや地震、台風といった建物外部からの力を
最終的に受け止めふんばるように抵抗してくれるのが基礎です。
そのためにも鉄筋コンクリート造りとし、しっかりとした地盤に施工することが重要になります。

一般的に最近用いられてる住宅の基礎は、布基礎とベタ基礎があります。

ベタ基礎施工例

布基礎は外周に沿った連続した基礎で、ベタ基礎は底面全体で建物を支え強固な基礎で
防湿に優れています。昨今は住宅地の多くが軟弱地盤なこともありベタ基礎が主流となっいます。
基礎の立ち上がり部分を地中梁といい建物全体の重さを支える役割を果たしています。
この部分が途切れずにつながっていることが重要で、外周部はぐるりと閉じ内部は上部の間取りと
連動し柱や壁の位置と合致してなければなりません。
他にもコンクリートの強度、鉄筋の材質太さピッチ(間隔)部分的な補強方法など
基礎工事の耐久性にかかわる重要な事項です。

ベタ基礎コンクリートを打つ前の鉄筋部分 施工例

ベタ基礎コンクリート打ち 施工例

Copyright© 2010 浜松市の木の家 自然素材の工務店・新築・注文住宅 (有)遠山建設 All Rights Reserved.