家づくり 和室

<和室>を辞書で調べると、”畳をしいた日本ふうの部屋” とあります。
伝統的な真壁(柱の見せた壁)に塗り最近の和室はモダンな和室が多くみられます。
使い道は大きく分けると3通りが考えられます。

·座敷(接客のための場)
·茶の間(家族のくつろぎの場)
·予備室(客用の寝室)

ローテーブルを出せば食事ができ、布団を敷けば寝室となり、何も置かなければ広間として使える。
和室はとても融通の利く便利な空間です。
日本の家には、襖という優れ者があります。
襖を建て込むことによって閉めていれば壁の変わりとなり部屋を分けて使えます、
開け放しつと1つの部屋として使えます。
襖を閉めたり外す事で部屋の大きさを変えることが出来るのです。

和室施工例

いすを使わず床に直接座る生活は長く日本人にしみ込んでいて、
今でも根強い人気があり、何よりも畳の感触の良さは他には変えられないものです。
リビングやダイニングの一角に一段上がって畳敷きの部分をつくる方もいます。
また、畳をリビングの床に段差なく敷き込んで床座をリビングと同じにするのも人気があります。
いすのリビングに比べ、たくさんの人が集まっても対応しやすくゴロンと横になれる楽しみもあります。

施工例

一方で、日本伝統を受け継ぐ意味で格式ある和室を求める声もあります。
いろんなニーズに合わせ古くて新しい和室造りが増えてきています。

Copyright© 2010 浜松市の木の家 自然素材の工務店・新築・注文住宅 (有)遠山建設 All Rights Reserved.